ドラムをやっていて、いつも気になるのが「演奏の時スティックなどをどこに置くか」という問題です。多用な表現をするためにスティックやブラシに持ち替えるケースが当たり前ですが、すぐに持ち替えることはなかなか至難の業です。今回、このような台があることを知りまして試しに購入しました。スネアドラムのフープに引っ掛けるタイプです。スネアを叩くときに少し邪魔になるかもしれませんが、慣れて上手くやれるようになれば、持ち替えるストレスが減ります。

 

 

 

#2120-b ピックガード ビンテージホワイト

 

ピックガード ビンテージホワイト アコギ用

 

少しクリーム掛かったビンテージホワイトピックガードで、個性的なギターにおすすめします。サイズは220mm x 290mm でドレッドノートやジャンボタイプには2枚のピックガードが取れます。スモールタイプやパーラータイプには3枚のピックガードが可能です。裏に接着剤が付いていますので、シールをはがして簡単に取り付けられます。

 

http://guitar--parts.net/goods/7507.html

 

ロッド カーボンロッド 6.5mmx5.1mmx480mm

 

ネック補正調節機能のないノンアジャスタブル・固定ロッドです。材質は軽くて硬いカーボン製です。。現在は調整可能なアジャスタブルロッドが主流ですが、ネック内部の空洞部分が少ないため、音の伝達にはこの固定ロッドが良いとされています。ロッドの長さは48cmありますので、ドレッドノート等650mmスケールのネックまでに埋め込むのに適しています。必要に応じてカットし長さを調整します。ネック反りの調整は不可ですが、アジャスタブル・ロッドより音質面で向上が期待出来ますので、音質重視の方にお勧めします。

 

 

ボーカルの作品はどちらかというと女性のがおおく、

男性ボーカルが少ないことに気が付きました。

 

定番・名盤と言われるものをということで

今日はフランクシナトラさんの名盤を聴いてます。

これは1953年〜1954年に録音されたものです。

ジャズの50年代って傑作の量産時代・・・

こんにちは。

今日は塗装として根強い人気のある「ニトロセルロース」についてです。ニトロセルロースは綿の繊維又は木材繊維を原料として作られた天然繊維であり、木材との相性が良く、よくなじみます。又、屈折率が木材と近くて高い透明性があり、光沢も良いです。しかし、ニトロセルロースだけでは膜厚が薄くなるので、相性の良い合成樹脂、可塑剤を混合し塗料としています。ニトロセルロースラッカーの特徴を下記に記します。

 

<長所>

1. 溶剤揮発のみで乾燥する1液型塗料であり取り扱いが簡単です。

2. 乾燥時間が約30分と速く、2液型ポリウレタン樹脂塗料が常温で2〜3時間掛かる間に次の工程に移れます。

3. 乾燥塗膜は透明度に優れ、着色・目止めの色が鮮明に出ます。

4. ポリウレタン樹脂塗料などの橋かけ形塗料に比べると、塗り替えや部分的な補修がやり易いです。部分的な補修や旧塗膜の上に再塗装する場合は、軽い研磨で再塗装することが出来ます。

 

<短所>

1. 固形分(不揮発分) が少なく、一度に付く膜厚が薄くなります。ニトロセルロース

溶液そのものの粘度が高いので、塗料とするためには大量の溶剤を使用します。又、

使用に際しても、通常の上塗りであっても70〜100%程度にシンナーで希釈して使用します。

3. ブラッシングを起こしやすいです。

3. 乾燥塗膜であってもラッカーシンナーで再び溶けます。

4. 耐摩耗性、耐候性などに欠けます。

 

木工用としてニトロセルロースラッカーが使われる

最大の理由は木材との相性が良く、木質感を活かせることです。磨耗しやすいですが、

塗膜のキズも自然になじんできます。硬くてやや冷たい感じになるポリウレタンやポリエステル

樹脂塗料の上塗りに使う事も多いです。この仕上げはラッカーの柔らか味のある特徴を生かす

とともに、膜厚を少ない塗り回数で得ることが出来、ポリウレタン樹脂塗料でしっかりと素地を

固めることで塗膜の耐久性を増します。又、着色剤の上塗り塗料へのブリードを抑える事が

出来ます。

 

今まで無漂白のサドルの中で厚みが2.7mmのものがありませんでした。

これにより、厚みのバリエーションがさらに増えました。

既製ギターの中でサドル溝が2.7mmのものは多いと思いますので、

そのギターに適しています。どうぞご利用ください。

 

 

 牛骨 無漂白 カーブ加工 2.7mmx72mmx9.5mm

-----------------
////////////////////
「LEADBELLY」
LEADBELLY

Columbia 30035
ソニーSRCS6349
------------------

 

レッドベリーことハディレッドベリーは1880年代後半の生まれ。幅白いレパートリーを持つ黒人フォークシンガーです。楽器は12弦を中心に、ピアノ、アコーディオンなども弾きます。ルイジアナ州の刑務所にいる所をジョンロマックスに見出されます。彼の計らいで特赦を勝ち取り1949年に亡くなるまで活動します。フォークウェイズ、国会図書館用などの大量の録音を残します。本CDは出所後まもなくの1935年1月、2月にARCに吹き込んだもの。アルバムを編集する際に意図的にブルースを集めたと思われます。リロイカーの(8)も取り上げていますが、(3)(6)(13)など、ブラインドレモンジェファスンとも関係があった話が納得できます。思い切りの良いリズミカルなギターに、時にハラ―を思わせる、パワフルな歌声はテキサス風味と言えるでしょう。(3)(4)(13)(15)のスライド奏法も興味深いです。


 1. Black Betty
 2. Goodnight Irene
 3. Black Snake Moan
 4. Where Did You Sleep Last Night
 5. Birmingham Jail
 6. The House of the Rising Sun
 7. Blind Lemon
 8. Cottonfields
 9. Blue Tail Fly
 10. Boll Weevil
 11.  Easy Rider
 12. Rock Island Line
 13. Midnight Special
 14. Nobody Knows the Trouble I've Seen
 15. Pick a Bale of Cotton
 16. Pretty Flower In Your Backyard

こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

こちら岐阜県では台風の影響で雨風がそろそろ強くなりそうです。

台風16号の影響で被害に逢われた方、心よりお見舞い申し上げます。

 

さて、今日はギター製作についてです・・・

ギターの魅力に取り付かれ、ギターをもっと極めてみたいという方のための、参考になれば幸いです。 「ギターを製作するなんてことはとても難しく、簡単に出来ることではない」と思ってらっしゃる方も多いかと思います。確かに越えなければならないハードルはいくつかありますが、わいわいがやがや、やっていくうちに自然に知識や技術が身についてきて、いつの間にかギターが出来上がった、となることを目指して進めて参ります。これからギターを製作しようかと思う人は、いろいろな疑問や夢があると思います。例えば「ギターはどのようにして作るのか」「作るのには何が必要なのか」「作っているけれどうまく作れない」「素人でも本当にギターが作れるのか」「お金は全体でどのくらいかかるのか」「時間は一体どのくらいかかるのか」「自分だけのオリジナルギターが欲しい」「高級ギタークラスのギターを作る夢がある」「ギターを弾くだけではもの足りなくなってきた」「ギターを極めてみたい」などなどいろいろな疑問や思いをお持ちだと思います。そのような疑問や思いを風船のようにどんどんふくらませ、風にも飛ばして大きなギター・フリークスの虹の輪が出来ていけばもっと楽しいギターライフを送れるはず、とも思います。

 

当然ギター製作は簡単に出来るというものではなく、ある程度の覚悟が必要であることは確かですが出来ないことはありません。偉そうに言っている私も独学でスタートしました。どの様にしてスタートしたら良いかもわからず、ずいぶんと悩んだものです。私の試行錯誤の中から得たものは、これから作ってみようと思っている方に少しでも役に立ち、出来る限り包み隠さず説明してゆくつもりです。ちなみにギターを製作することで得られるメリットを挙げてみますと・・・     

                                           

・ 自分でギターを作ったという満足感、充実感が得られる

・ ギターに対する愛着が深まる

・ ギターに関する知識が自然に得られる

・ ギターの構造が理解出来る

・ ギターがどの様な部材で成り立っているのかが理解出来る

・ 各パーツの機能が理解出来る

・ 木材に対する知識が得られる

・ 音の成り立ちが理解出来る

・ 音に影響を与える部分がどこなのかわかるようになるはず ??

・ 好みの音にするには、どこをどう調整したらいいかわかってくるはず ??

・ リペアーも自分で出来るようになるはず ??

・ 他の木工製作も出来るようになる

 

次はデメリットを挙げます。

 

・ 木くずなどが散らばり、埃っぽくなる

・ 道具を使っている時の音がうるさく、周囲から嫌がられる

・ ギター好きが昂じて今度はギター製作まで始めてしまう道楽人間かと冷ややかに見られる

・ 当然ですが、道具などの資金が必要

 

思いつきで挙げましたが、まだまだ他にもメリットはあるかとは思います。興味のある方はこの機会に是非トライし、素晴らしい世界を体験してみましょう。

 

http://guitar--parts.net/index/making.html

////////////////////
ジャパンフォーク
杉田二郎/ジローズ
////////////////////
------------------


幾度かのブームを経て徐々に自作中心に流れていった1970年代のフォークシーン。その中にあってフォークというジャンルの懐の広さを体現していた存在が杉田二郎です。1965年、立命館在学中の杉田はモダンルーツシンガーズとしてPPMのコピーを始めます。その後、塩見大治郎らとジローズを結成します。メンバーの名前にジローがつく三人組でした。1968年、ラジオ番組「歌えMBSヤングタウン」でディレクター渡邊一雄と出会います。「あなただけに」が6月の歌に採用され、東芝からカレッジポップス路線で売り出されます。一方でデビューシングル発売から2か月後、杉田はシューベルツのステージに立っています。北山修の暗躍もあってか、フォークルの解散を決めた端田宜彦の新グループに参加します。結果的にジローズは一旦解散となります。実質的にプロ活動に入った杉田はここでリードギターとメインボーカルを多く担当します。端田宜彦のワンマンと見られがちなグループの中で存在感を発揮しました。しかし杉田が本格的に注目されたのは、「戦争を知らない子供たち」のヒットからです。これは森下次郎とのデュオとして再始動したジローズが1971年に発表したものです。この曲が日本の代表的な反戦歌となり、このフォークソングがよりポピュラー化します。杉田の特異な点は、太い声で歌い上げるスタイルです。曲に込められた壮大なメッセージを重苦しくせずに伝えることが出来ました。自作でのヒット曲が多い杉田でしたが、他のアプローチも行っています。「ANAK」のようなカバー物をはじめ、阿久悠・なかにし礼・山川啓介、松本隆、山上路夫、など作詞家とのコンビもあります。又、深町純・宇崎竜童・筒美京平に作曲を任せたり、その柔軟な姿勢は一貫しています。家業である金光教の修行のため音楽活動を休止していた時期もあります。それでもアルバムのリリースは1990年頃まではほぼ途切れませんでした。

 

さらに杉田の活動は続きます。ジローズ解散後にラジオ関西に就職し、その後専務になっていた森下と再結成をします。2013年8月の話で、森下の退任記念イベントに駆け付けた杉田と歌ったことがきっかけです。


++++++++++
ジローズ
戦争を知らない子供たち
東芝エキスプレス
1971年
++++++++++

北山修とのコンビによる自作曲〜洋邦のフォーク、洋楽ポップスまで盛りだくさんの内容です。(9)(15)は大塚孝彦とそのグループのレパートリーにあったもの。カバーとはいえ初めてメジャーからリリースしたその意義は大きいです。(1)のヒットもあり、一般的にジローズといえばこの第二次ジローズを指します。(14)は幻のデビューシングルのリメイクでフィルスペクター風のアレンジです。


1. 戦争を知らない子供たち
2. メイビー・トゥモロウ
3. この胸のときめきを
4. 愛とあなたのために
5. 竹田の子守唄
6. サークル・ゲーム
7. 心の友
8. 朝焼けの空から
9. まま子
10. 恋はフェニックス
11. アイ・アム・ア・ロック
12. 鏡の中
13. ラバース・コンチェルト
14. あなただけに
15. 君のまわりを見つめてごらん


++++++++++
「ジローズ2 新しい唄」
ジローズ
東芝エキスプレス
1972年
++++++++++

日本の若手ソングライターの楽曲をジローズと日本一のスタジオミュージシャンの演奏。ジローズのセカンドアルバムは以上のようなテーマで作られています。深町純、かまやつひろし、加藤和彦、木田高介、クニ河内らの書きおろしの内容です。カバー色が強かった前作よりも主体的に歌っています。日本のサイモンとガーファンクルとはよく言ったものです。作と次作「最後の唄」で、当時のフォークデュオとしては圧倒的な音楽性を示しました。


1 :新しい唄
2: 去りゆく恋人
3: 子供達に聞かせる唄
4: どっちでもいいじゃないか
5: 枯葉の中で
6: 誰も知らない
7: 涙は明日に
8: 村の郵便配達
9: 月曜日が来るまでに
10: 忘れられた唄
11: 秋の思い出
12: この僕と…

//////////////
「チャーリーベンチュラ コンサート」
チャーリーベンチュラ
MCA DECCA
ワーナーパイオニア 30XD-1094
//////////////

 

チャーリーベンチュラはジーンクルーパ楽団でのキャリアが長いです。1946年に独立後は自己のビッグバンドを率います。バップフォーザピープルをキャッチフレーズに多大な人気を博します。この楽団は1947年に解散し1949年に再結成し1951年まで活動します。このアルバムは第二次ベンチュラ楽団の演奏で、1949年5月、パサネダ公会堂なライブ録音。ステージと客席が一体となったホットな会場の雰囲気が伝わる快演です。コンテカンドリやベニ―グリーンらの名手が加わっています。さらに、ジャッキー&ロイのバップスキャットデュオも加わっています。当時の愛されるジャズの姿をよく伝えた歴史的な録音です。


1. イントロ=テーマ
2. ユーフォリア
3. ファイン・アンド・ダンディ
4. イースト・オブ・スエズ
5. イフ・アイ・ハド・ユー
6. 夢のシャボン玉
7. 黄金の雨
8. ハウ・ハイ・ザ・ムーン