かなり遅くなってしましましたが、本年も宜しくお願い致します。

 

さて、雪の影響で心配された1/14夜にジャズライブをしました !

以前からやりたいと思っていた夢元亭という喫茶店で

息子との共演も実現し、非常に満足したひとときでした !

 

うまくゆけば今後もジャズセッションやライブの場として

提供できる体制が取れそうになってきて、私のライフワークも

新年早々どんどん良い方向に向かっています。新年から

その他の良いことも既に沢山あり、今年は飛躍の年となりそう

です !!

 

 

本年もあと3日。

今年も無事に年が越せそうで感謝です。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

牛骨 無漂白 ジグザグ加工 2.7x72x11.5mm

 

サドル 牛骨 無漂白 ジグザグ加工 2.7x72x11.5mm

 

標準的なオクターブピッチ調整加工がされた、厚みが2.7mmの牛骨サドルです。この加工は弦によりピッチが微妙に異なるのを補正したものですが、厳密にはギター毎にピッチが異なります。この加工はおよそのピッチ調整と理解されるのが賢明です。。材質的には中級以上のギターに使用されています。リペアやグレードアップには標準の素材と言えます。音色は堅過ぎず、柔らか過ぎず、オールマイティに使用できます。クリーム色系の色合いで、漂白されていないため油分が多少あり、弦との摩擦が少ないタイプです。ビンテージの雰囲気も出せます。サドルは弦の振動を直接受ける重要な役割を持っているパーツですので、素材にはこだわりましょう。

 アジャスタブルロッド 12mmx10mmx300mm

 

ロッド アジャスタブルロッド 12mmx10mmx300mm

 

ネック補正調節機能のあるアジャスタブル・スクエアーロッドです。現在は殆どのギターにこのアジャスタブルロッドが取り付けられています。アコースティック用でアメリカの有名ギターメーカーが長年採用してきたONE-WAYタイプです。特殊なアルミ素材を使用していますので、十分な剛性と矯正力を発揮し反りを解消できます。 取り付け方により、ロッド調整はヘッド側、ボディ側のどちらでも可能です。

ドラムをやっていて、いつも気になるのが「演奏の時スティックなどをどこに置くか」という問題です。多用な表現をするためにスティックやブラシに持ち替えるケースが当たり前ですが、すぐに持ち替えることはなかなか至難の業です。今回、このような台があることを知りまして試しに購入しました。スネアドラムのフープに引っ掛けるタイプです。スネアを叩くときに少し邪魔になるかもしれませんが、慣れて上手くやれるようになれば、持ち替えるストレスが減ります。

 

 

 

#2120-b ピックガード ビンテージホワイト

 

ピックガード ビンテージホワイト アコギ用

 

少しクリーム掛かったビンテージホワイトピックガードで、個性的なギターにおすすめします。サイズは220mm x 290mm でドレッドノートやジャンボタイプには2枚のピックガードが取れます。スモールタイプやパーラータイプには3枚のピックガードが可能です。裏に接着剤が付いていますので、シールをはがして簡単に取り付けられます。

 

http://guitar--parts.net/goods/7507.html

 

ロッド カーボンロッド 6.5mmx5.1mmx480mm

 

ネック補正調節機能のないノンアジャスタブル・固定ロッドです。材質は軽くて硬いカーボン製です。。現在は調整可能なアジャスタブルロッドが主流ですが、ネック内部の空洞部分が少ないため、音の伝達にはこの固定ロッドが良いとされています。ロッドの長さは48cmありますので、ドレッドノート等650mmスケールのネックまでに埋め込むのに適しています。必要に応じてカットし長さを調整します。ネック反りの調整は不可ですが、アジャスタブル・ロッドより音質面で向上が期待出来ますので、音質重視の方にお勧めします。

 

 

ボーカルの作品はどちらかというと女性のがおおく、

男性ボーカルが少ないことに気が付きました。

 

定番・名盤と言われるものをということで

今日はフランクシナトラさんの名盤を聴いてます。

これは1953年〜1954年に録音されたものです。

ジャズの50年代って傑作の量産時代・・・

こんにちは。

今日は塗装として根強い人気のある「ニトロセルロース」についてです。ニトロセルロースは綿の繊維又は木材繊維を原料として作られた天然繊維であり、木材との相性が良く、よくなじみます。又、屈折率が木材と近くて高い透明性があり、光沢も良いです。しかし、ニトロセルロースだけでは膜厚が薄くなるので、相性の良い合成樹脂、可塑剤を混合し塗料としています。ニトロセルロースラッカーの特徴を下記に記します。

 

<長所>

1. 溶剤揮発のみで乾燥する1液型塗料であり取り扱いが簡単です。

2. 乾燥時間が約30分と速く、2液型ポリウレタン樹脂塗料が常温で2〜3時間掛かる間に次の工程に移れます。

3. 乾燥塗膜は透明度に優れ、着色・目止めの色が鮮明に出ます。

4. ポリウレタン樹脂塗料などの橋かけ形塗料に比べると、塗り替えや部分的な補修がやり易いです。部分的な補修や旧塗膜の上に再塗装する場合は、軽い研磨で再塗装することが出来ます。

 

<短所>

1. 固形分(不揮発分) が少なく、一度に付く膜厚が薄くなります。ニトロセルロース

溶液そのものの粘度が高いので、塗料とするためには大量の溶剤を使用します。又、

使用に際しても、通常の上塗りであっても70〜100%程度にシンナーで希釈して使用します。

3. ブラッシングを起こしやすいです。

3. 乾燥塗膜であってもラッカーシンナーで再び溶けます。

4. 耐摩耗性、耐候性などに欠けます。

 

木工用としてニトロセルロースラッカーが使われる

最大の理由は木材との相性が良く、木質感を活かせることです。磨耗しやすいですが、

塗膜のキズも自然になじんできます。硬くてやや冷たい感じになるポリウレタンやポリエステル

樹脂塗料の上塗りに使う事も多いです。この仕上げはラッカーの柔らか味のある特徴を生かす

とともに、膜厚を少ない塗り回数で得ることが出来、ポリウレタン樹脂塗料でしっかりと素地を

固めることで塗膜の耐久性を増します。又、着色剤の上塗り塗料へのブリードを抑える事が

出来ます。

 

今まで無漂白のサドルの中で厚みが2.7mmのものがありませんでした。

これにより、厚みのバリエーションがさらに増えました。

既製ギターの中でサドル溝が2.7mmのものは多いと思いますので、

そのギターに適しています。どうぞご利用ください。

 

 

 牛骨 無漂白 カーブ加工 2.7mmx72mmx9.5mm