-----------------
////////////////////
「LEADBELLY」
LEADBELLY

Columbia 30035
ソニーSRCS6349
------------------

 

レッドベリーことハディレッドベリーは1880年代後半の生まれ。幅白いレパートリーを持つ黒人フォークシンガーです。楽器は12弦を中心に、ピアノ、アコーディオンなども弾きます。ルイジアナ州の刑務所にいる所をジョンロマックスに見出されます。彼の計らいで特赦を勝ち取り1949年に亡くなるまで活動します。フォークウェイズ、国会図書館用などの大量の録音を残します。本CDは出所後まもなくの1935年1月、2月にARCに吹き込んだもの。アルバムを編集する際に意図的にブルースを集めたと思われます。リロイカーの(8)も取り上げていますが、(3)(6)(13)など、ブラインドレモンジェファスンとも関係があった話が納得できます。思い切りの良いリズミカルなギターに、時にハラ―を思わせる、パワフルな歌声はテキサス風味と言えるでしょう。(3)(4)(13)(15)のスライド奏法も興味深いです。


 1. Black Betty
 2. Goodnight Irene
 3. Black Snake Moan
 4. Where Did You Sleep Last Night
 5. Birmingham Jail
 6. The House of the Rising Sun
 7. Blind Lemon
 8. Cottonfields
 9. Blue Tail Fly
 10. Boll Weevil
 11.  Easy Rider
 12. Rock Island Line
 13. Midnight Special
 14. Nobody Knows the Trouble I've Seen
 15. Pick a Bale of Cotton
 16. Pretty Flower In Your Backyard

こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

こちら岐阜県では台風の影響で雨風がそろそろ強くなりそうです。

台風16号の影響で被害に逢われた方、心よりお見舞い申し上げます。

 

さて、今日はギター製作についてです・・・

ギターの魅力に取り付かれ、ギターをもっと極めてみたいという方のための、参考になれば幸いです。 「ギターを製作するなんてことはとても難しく、簡単に出来ることではない」と思ってらっしゃる方も多いかと思います。確かに越えなければならないハードルはいくつかありますが、わいわいがやがや、やっていくうちに自然に知識や技術が身についてきて、いつの間にかギターが出来上がった、となることを目指して進めて参ります。これからギターを製作しようかと思う人は、いろいろな疑問や夢があると思います。例えば「ギターはどのようにして作るのか」「作るのには何が必要なのか」「作っているけれどうまく作れない」「素人でも本当にギターが作れるのか」「お金は全体でどのくらいかかるのか」「時間は一体どのくらいかかるのか」「自分だけのオリジナルギターが欲しい」「高級ギタークラスのギターを作る夢がある」「ギターを弾くだけではもの足りなくなってきた」「ギターを極めてみたい」などなどいろいろな疑問や思いをお持ちだと思います。そのような疑問や思いを風船のようにどんどんふくらませ、風にも飛ばして大きなギター・フリークスの虹の輪が出来ていけばもっと楽しいギターライフを送れるはず、とも思います。

 

当然ギター製作は簡単に出来るというものではなく、ある程度の覚悟が必要であることは確かですが出来ないことはありません。偉そうに言っている私も独学でスタートしました。どの様にしてスタートしたら良いかもわからず、ずいぶんと悩んだものです。私の試行錯誤の中から得たものは、これから作ってみようと思っている方に少しでも役に立ち、出来る限り包み隠さず説明してゆくつもりです。ちなみにギターを製作することで得られるメリットを挙げてみますと・・・     

                                           

・ 自分でギターを作ったという満足感、充実感が得られる

・ ギターに対する愛着が深まる

・ ギターに関する知識が自然に得られる

・ ギターの構造が理解出来る

・ ギターがどの様な部材で成り立っているのかが理解出来る

・ 各パーツの機能が理解出来る

・ 木材に対する知識が得られる

・ 音の成り立ちが理解出来る

・ 音に影響を与える部分がどこなのかわかるようになるはず ??

・ 好みの音にするには、どこをどう調整したらいいかわかってくるはず ??

・ リペアーも自分で出来るようになるはず ??

・ 他の木工製作も出来るようになる

 

次はデメリットを挙げます。

 

・ 木くずなどが散らばり、埃っぽくなる

・ 道具を使っている時の音がうるさく、周囲から嫌がられる

・ ギター好きが昂じて今度はギター製作まで始めてしまう道楽人間かと冷ややかに見られる

・ 当然ですが、道具などの資金が必要

 

思いつきで挙げましたが、まだまだ他にもメリットはあるかとは思います。興味のある方はこの機会に是非トライし、素晴らしい世界を体験してみましょう。

 

http://guitar--parts.net/index/making.html

////////////////////
ジャパンフォーク
杉田二郎/ジローズ
////////////////////
------------------


幾度かのブームを経て徐々に自作中心に流れていった1970年代のフォークシーン。その中にあってフォークというジャンルの懐の広さを体現していた存在が杉田二郎です。1965年、立命館在学中の杉田はモダンルーツシンガーズとしてPPMのコピーを始めます。その後、塩見大治郎らとジローズを結成します。メンバーの名前にジローがつく三人組でした。1968年、ラジオ番組「歌えMBSヤングタウン」でディレクター渡邊一雄と出会います。「あなただけに」が6月の歌に採用され、東芝からカレッジポップス路線で売り出されます。一方でデビューシングル発売から2か月後、杉田はシューベルツのステージに立っています。北山修の暗躍もあってか、フォークルの解散を決めた端田宜彦の新グループに参加します。結果的にジローズは一旦解散となります。実質的にプロ活動に入った杉田はここでリードギターとメインボーカルを多く担当します。端田宜彦のワンマンと見られがちなグループの中で存在感を発揮しました。しかし杉田が本格的に注目されたのは、「戦争を知らない子供たち」のヒットからです。これは森下次郎とのデュオとして再始動したジローズが1971年に発表したものです。この曲が日本の代表的な反戦歌となり、このフォークソングがよりポピュラー化します。杉田の特異な点は、太い声で歌い上げるスタイルです。曲に込められた壮大なメッセージを重苦しくせずに伝えることが出来ました。自作でのヒット曲が多い杉田でしたが、他のアプローチも行っています。「ANAK」のようなカバー物をはじめ、阿久悠・なかにし礼・山川啓介、松本隆、山上路夫、など作詞家とのコンビもあります。又、深町純・宇崎竜童・筒美京平に作曲を任せたり、その柔軟な姿勢は一貫しています。家業である金光教の修行のため音楽活動を休止していた時期もあります。それでもアルバムのリリースは1990年頃まではほぼ途切れませんでした。

 

さらに杉田の活動は続きます。ジローズ解散後にラジオ関西に就職し、その後専務になっていた森下と再結成をします。2013年8月の話で、森下の退任記念イベントに駆け付けた杉田と歌ったことがきっかけです。


++++++++++
ジローズ
戦争を知らない子供たち
東芝エキスプレス
1971年
++++++++++

北山修とのコンビによる自作曲〜洋邦のフォーク、洋楽ポップスまで盛りだくさんの内容です。(9)(15)は大塚孝彦とそのグループのレパートリーにあったもの。カバーとはいえ初めてメジャーからリリースしたその意義は大きいです。(1)のヒットもあり、一般的にジローズといえばこの第二次ジローズを指します。(14)は幻のデビューシングルのリメイクでフィルスペクター風のアレンジです。


1. 戦争を知らない子供たち
2. メイビー・トゥモロウ
3. この胸のときめきを
4. 愛とあなたのために
5. 竹田の子守唄
6. サークル・ゲーム
7. 心の友
8. 朝焼けの空から
9. まま子
10. 恋はフェニックス
11. アイ・アム・ア・ロック
12. 鏡の中
13. ラバース・コンチェルト
14. あなただけに
15. 君のまわりを見つめてごらん


++++++++++
「ジローズ2 新しい唄」
ジローズ
東芝エキスプレス
1972年
++++++++++

日本の若手ソングライターの楽曲をジローズと日本一のスタジオミュージシャンの演奏。ジローズのセカンドアルバムは以上のようなテーマで作られています。深町純、かまやつひろし、加藤和彦、木田高介、クニ河内らの書きおろしの内容です。カバー色が強かった前作よりも主体的に歌っています。日本のサイモンとガーファンクルとはよく言ったものです。作と次作「最後の唄」で、当時のフォークデュオとしては圧倒的な音楽性を示しました。


1 :新しい唄
2: 去りゆく恋人
3: 子供達に聞かせる唄
4: どっちでもいいじゃないか
5: 枯葉の中で
6: 誰も知らない
7: 涙は明日に
8: 村の郵便配達
9: 月曜日が来るまでに
10: 忘れられた唄
11: 秋の思い出
12: この僕と…

//////////////
「チャーリーベンチュラ コンサート」
チャーリーベンチュラ
MCA DECCA
ワーナーパイオニア 30XD-1094
//////////////

 

チャーリーベンチュラはジーンクルーパ楽団でのキャリアが長いです。1946年に独立後は自己のビッグバンドを率います。バップフォーザピープルをキャッチフレーズに多大な人気を博します。この楽団は1947年に解散し1949年に再結成し1951年まで活動します。このアルバムは第二次ベンチュラ楽団の演奏で、1949年5月、パサネダ公会堂なライブ録音。ステージと客席が一体となったホットな会場の雰囲気が伝わる快演です。コンテカンドリやベニ―グリーンらの名手が加わっています。さらに、ジャッキー&ロイのバップスキャットデュオも加わっています。当時の愛されるジャズの姿をよく伝えた歴史的な録音です。


1. イントロ=テーマ
2. ユーフォリア
3. ファイン・アンド・ダンディ
4. イースト・オブ・スエズ
5. イフ・アイ・ハド・ユー
6. 夢のシャボン玉
7. 黄金の雨
8. ハウ・ハイ・ザ・ムーン

///////////////////
Mississippi John Hurt
「Mississippi John Hurt Today」
(ヴァンガード KICP-2511)
------------------

 

ミシシッピジョンハートは1963年に再発見されます。そのギタースタイル故にフォークファンに高い人気を誇りました。その点から彼を敬遠する人もいるかもしれません。ハートの音楽に向かう姿勢は全く変わっていません。このCDは1964年録音の「トゥデイ」の全曲に1965年の「The Immortal」の7曲を加えたものです。ギターのアタックが多少弱まり、時々息継ぎが苦しそうになる以外は問題ありません。暖かく優しい人柄が伝わってきそうな演奏ぶりは、感じるものがあるはずです。他のアルバムにはAvalone Blues」「Worried Blues」「Memorial Anthology」「ベストオブミシシッピジョンハート」、などがありますが、内容的には大差がありません。


1. Pay Day
2. I'm Satisfied
3. Candy Man
4. Make Me A Pallet On Your Floor
5. Talking Casey
6. Corrinna, Corrinna
7. Coffee Blues
8. Louis Collins
9. Hot Time In The Old Town Tonight
10. If You Don't Want Me Baby
11. Spike Driver's Blues
12. Beulah Land

フォークブーム初期の頃のインディレーベル「URC]。

永続はむつかしくとも、その時代には意味があり・・・

歴史を感じる思いです・・・

 

URCは日本で初めてのインデペンデント・レーベルとして1969年の冬に発足しました。URCとはアングラ・レコード・クラブの略です。最初は会費を募りその会員にレコードを配布するというスタイルで始まりました。母体となったのは、秦政明が運営する高石事務所。後に音楽者舎と改名します。秦は歌声運動を皮切りとして音楽にのめり込みます。大学卒業後はクラシックのコンサートを主催する会社に入り、その後独立して会社を興します。その名はアートプロモーション。高石事務所は高石友也のマネージメントをするための会社でした。のちにはフォーククルセダーズや岡林信康、ジャックスなども所属しました。

 

その後、会員制から一般販売へと変わってゆきます。会員配布の第一号となったのが、高田渡と五つの赤い風船のスプリットアルバム、ミューテーションファクトリー「イムジン河」、トリンコーンソン「坊や大きくならないで」のシングル2枚でした。しかしフォークル版「イムジン河」は発売中止となってしまいます。ならばという形で出したのがミューテーションファクトリーでした。

URCレコードが独立レーベルに拘ったのには訳があります。当時のレコード会社は日本レコード協会に加盟していることが原則となっていました。この協会にはレコード制作基準倫理委員会が設けられていました。発売前には内容のチェックが行われていました。思想的であったり猥雑なものは公序良俗を乱すという理由で規制されました。この規制の中には、表現の自由をおびやかすものまで含まれてしまいます。これらの規制から歌の自由と取り戻すのが、URCレコードの目的の一つでした。「イムジン河」にしろ、高田渡「自衛隊に入ろう」、岡林信康「くそくらえ節」にしろ、既存のレコード会社ではまず発売が無理でした。他にも春歌のアルバムを出したり、新宿西口広場でのフォークゲリラの唄声をドキュメントで、これらもインディでしか成し得なかったはずです。

 

この何物にも束縛されない自由な雰囲気が若者には受けました。若いディレクターを使い、商業主義に捕らわれないレコードを作ります。まさに理想郷であり、このパラダイスには岡林信康、五つの赤い風船、高田渡、加川良、友部正人、ザ・ディラン2、中川五郎、なぎらけんいち、斉藤哲夫、はっぴいえんど、三上寛などの若き才能が集まってきました。1969年からは一般発売がはじまります。岡林信康のデビューアルバム「わたしを断罪せよ」と、五つの赤い風船「おとぎばやし」がリリース。取次流通を通さず全国130ほどのレコード店や楽器店と直接契約を結びました。現在行われているインディーズの配給方法とほぼ同じですが、当時としては画期的でした。こういった販売方法だけでなく、さまざまな方法も取り入れていました。自社で版権や原盤権を管理、音楽出版社(アート音楽出版)を持ちフォークのミニコミ誌を発行、さらに音楽舎を通してコンサートの企画も行いました。これらの総体が秦政明のURCでした。

 

1974年以降は大手レコード会社がフォーク専門のレーベルを発足します。そして、そこに看板アーティストたちが移籍してしまいます。しかし、URCは独立系レーベルならではの本領を発揮してゆきます。今度は関西ローカルで活動していたシンガーたちを発掘してゆきます。その中から古川豪、ひがしのひとし、宮里ひろし、中島光一などが飛び立ってゆきます。その姿もまたURCレコードらしく映りました。

リペアや製作に絶対と言っていいほど

役に立つ超マストアイテム。

これなくしてシーンは語れません。

 

接着剤 フランクリンタイトボンド

 

ギター接着に適したフランクリンタイトボンド。多くのリペアー、製作シーンで使用されています。乾燥が早く、乾くと強固になります。一般木工用のホワイトボンドより温度変化に優れ、硬化度合も優れます。必要に応じて木粉を混ぜて色を調節したり、水で薄めて粘度を調整して使用が可能です。 塗布後10分〜30分接着面を固定します。品質に影響が出ますので、出来る限り4℃以上で使用します。

 

http://guitar--parts.net/goods/8011.html

軽やかなフィンガータッチと優しい歌声、

ほのぼのとする大好きなミュージシャンです・・・

 

------------------
Mississippi John Hurt
「King Of The Blues 4」
(Pヴァイン PCD-2259)
------------------

 

ブルース誕生前の黒人音楽の姿を留めた3人の1927年〜1929年の全録音をまとめたものです。見事なスリーフィンガーピッキングを聴かすジョンハートは、歌も限りなく優しいです。バラードの(1)(4)(7)、スピリチュアルの(10)(11)、独自の柔らかさを持つ(3)(5)など、均整のとれた美しさの中に暖かさがあります。少しエッチな(8)もよそよそしています。リチャードブラウンは対照的にひしゃげた声で、アタックが強いです。ブルース臭さはなく、ヴォ―ドビル調です。完全な物語歌となっている(17)(18)が三拍子なのも興味深いです。この中で最もブルース色濃いのが(19)〜(24)のハンボーン・ウィリーニューバーン。(24)はRollin' And Tumblin’ の原型として知られます。(21)(23)もブルースですが、他はプリブルース的です。暖かみのある太い声が味わい深いです。

 

1. Candy Man
2. Hot Time In The Old Town
3. Baby Whats Wrong With You
4. Nobodys Business But Mine
5. Trouble I Had All My Days
6. Im Satisfied
7. Coffee Blues
8. Shake That Thing
9. Make Me A Pallet On Your Floor
10. Talking Casey
11. Frankie & Albert
12. Casey Jones (Talkin Crazy)
13. C-H-I-C-K-E-N Blues
14. Spike Drivers Blues
15. Monday Morning Blues
16. The Angels Laid Him Away
17. My Creole Belle
18. Salty Dog
19. Here I Am Oh Lord Send Me
20. Richland Women Bues
21. Lonesome Blues

常に時代を先取りしてきた偉大すぎるミュージシャン。

ここに紹介する時も気持ちが引き締まります・・・・

 

------------
「クールの誕生 PLUS」
マイルスデイビス
Capitol  東芝EMI TOCJ-5301
------------


マイルスは1947年にチャーリーパーカーを通じてギルエバンスと知り合います。そのギルエバンスが1948年にクロードソーンヒル楽団を辞任します。マイルスは九重奏団の結成に際してエバンスの協力を求めます。さらにジェリーマリガンを加えてこの新しいグループのコンセプトを確立します。そして1949年1月と4月、1950年3月にキャピトルにレコーディンjング。緻密な編曲に基づく統一感、グループ表現とソロのバランスなどに新機軸を打ち出します。このアルバムは大いに注目を集めます。ミュージシャンを含め、従来の激情的なバップとは一線を画すことを企図しました。これをクールジャズと呼び、以後のジャズの一方向を形作ることになります。ジャズ史の流れを追うのに必携の一枚です。


1 ムーヴ
2 ジェル
3 ムーン・ドリームス
4 ミロのヴィーナス
5 バドゥ
6 デセプション
7 ゴッドチャイルド
8 バップリシティ
9 ロッカー
10 イスラエル
11 ルージュ

 

ペグを取り付ける際に起こるキズやすき間を埋めるためのホルダーです。ペグの下に敷いてヘッドとの接触を改善することが可能です。ペグメーカーのゴトーさんが作っています。名前はCARDといいます。そのC・A・R・Dとは・・・。

C (Carbon fiber) 軽量かつ強靭なカーボン繊維を配合した特殊樹脂製
A (Align center) ブッシュタイプのチューナーを適切な取り付け位置に誘導するセンターガイド機能付き
R (Resonant)  チューナーとヘッドの空間を密着させる事により弦振動の伝達性が向上
D (Defend) ベースプレートエッジによるヘッドの取り付け痕や塗装割れから大切な楽器を保護

 

これを取付けた時のホールド感が変りますので、一度試してみてください。

 

http://guitar--parts.net/goods/0032.html