////////////////////
ジャパンフォーク
杉田二郎/ジローズ
////////////////////
------------------


幾度かのブームを経て徐々に自作中心に流れていった1970年代のフォークシーン。その中にあってフォークというジャンルの懐の広さを体現していた存在が杉田二郎です。1965年、立命館在学中の杉田はモダンルーツシンガーズとしてPPMのコピーを始めます。その後、塩見大治郎らとジローズを結成します。メンバーの名前にジローがつく三人組でした。1968年、ラジオ番組「歌えMBSヤングタウン」でディレクター渡邊一雄と出会います。「あなただけに」が6月の歌に採用され、東芝からカレッジポップス路線で売り出されます。一方でデビューシングル発売から2か月後、杉田はシューベルツのステージに立っています。北山修の暗躍もあってか、フォークルの解散を決めた端田宜彦の新グループに参加します。結果的にジローズは一旦解散となります。実質的にプロ活動に入った杉田はここでリードギターとメインボーカルを多く担当します。端田宜彦のワンマンと見られがちなグループの中で存在感を発揮しました。しかし杉田が本格的に注目されたのは、「戦争を知らない子供たち」のヒットからです。これは森下次郎とのデュオとして再始動したジローズが1971年に発表したものです。この曲が日本の代表的な反戦歌となり、このフォークソングがよりポピュラー化します。杉田の特異な点は、太い声で歌い上げるスタイルです。曲に込められた壮大なメッセージを重苦しくせずに伝えることが出来ました。自作でのヒット曲が多い杉田でしたが、他のアプローチも行っています。「ANAK」のようなカバー物をはじめ、阿久悠・なかにし礼・山川啓介、松本隆、山上路夫、など作詞家とのコンビもあります。又、深町純・宇崎竜童・筒美京平に作曲を任せたり、その柔軟な姿勢は一貫しています。家業である金光教の修行のため音楽活動を休止していた時期もあります。それでもアルバムのリリースは1990年頃まではほぼ途切れませんでした。

 

さらに杉田の活動は続きます。ジローズ解散後にラジオ関西に就職し、その後専務になっていた森下と再結成をします。2013年8月の話で、森下の退任記念イベントに駆け付けた杉田と歌ったことがきっかけです。


++++++++++
ジローズ
戦争を知らない子供たち
東芝エキスプレス
1971年
++++++++++

北山修とのコンビによる自作曲〜洋邦のフォーク、洋楽ポップスまで盛りだくさんの内容です。(9)(15)は大塚孝彦とそのグループのレパートリーにあったもの。カバーとはいえ初めてメジャーからリリースしたその意義は大きいです。(1)のヒットもあり、一般的にジローズといえばこの第二次ジローズを指します。(14)は幻のデビューシングルのリメイクでフィルスペクター風のアレンジです。


1. 戦争を知らない子供たち
2. メイビー・トゥモロウ
3. この胸のときめきを
4. 愛とあなたのために
5. 竹田の子守唄
6. サークル・ゲーム
7. 心の友
8. 朝焼けの空から
9. まま子
10. 恋はフェニックス
11. アイ・アム・ア・ロック
12. 鏡の中
13. ラバース・コンチェルト
14. あなただけに
15. 君のまわりを見つめてごらん


++++++++++
「ジローズ2 新しい唄」
ジローズ
東芝エキスプレス
1972年
++++++++++

日本の若手ソングライターの楽曲をジローズと日本一のスタジオミュージシャンの演奏。ジローズのセカンドアルバムは以上のようなテーマで作られています。深町純、かまやつひろし、加藤和彦、木田高介、クニ河内らの書きおろしの内容です。カバー色が強かった前作よりも主体的に歌っています。日本のサイモンとガーファンクルとはよく言ったものです。作と次作「最後の唄」で、当時のフォークデュオとしては圧倒的な音楽性を示しました。


1 :新しい唄
2: 去りゆく恋人
3: 子供達に聞かせる唄
4: どっちでもいいじゃないか
5: 枯葉の中で
6: 誰も知らない
7: 涙は明日に
8: 村の郵便配達
9: 月曜日が来るまでに
10: 忘れられた唄
11: 秋の思い出
12: この僕と…

//////////////
「チャーリーベンチュラ コンサート」
チャーリーベンチュラ
MCA DECCA
ワーナーパイオニア 30XD-1094
//////////////

 

チャーリーベンチュラはジーンクルーパ楽団でのキャリアが長いです。1946年に独立後は自己のビッグバンドを率います。バップフォーザピープルをキャッチフレーズに多大な人気を博します。この楽団は1947年に解散し1949年に再結成し1951年まで活動します。このアルバムは第二次ベンチュラ楽団の演奏で、1949年5月、パサネダ公会堂なライブ録音。ステージと客席が一体となったホットな会場の雰囲気が伝わる快演です。コンテカンドリやベニ―グリーンらの名手が加わっています。さらに、ジャッキー&ロイのバップスキャットデュオも加わっています。当時の愛されるジャズの姿をよく伝えた歴史的な録音です。


1. イントロ=テーマ
2. ユーフォリア
3. ファイン・アンド・ダンディ
4. イースト・オブ・スエズ
5. イフ・アイ・ハド・ユー
6. 夢のシャボン玉
7. 黄金の雨
8. ハウ・ハイ・ザ・ムーン

「Legend Of The Blues Volume One」
columbia46215
sony CSCS 5253

このCDはコロンビア系音源による戦前ブルース入門編。「戦前ブルースのすべて大全4CD」や「RCAブルースの古典」のように体系的けはありませんが、戦前ブルースのおいしい所を味わうにはもってこいです。特にこの第1弾は大物が揃った贅沢な一枚です。並び方はランダムですが、クラシックブルース、プリブルース、デルタ、テキサス、イーストコースト各地のカントリーブルース、セントルイスやシカゴのシティブルースと、それぞれを代表する顔が並ぶ様は壮観です。既に足を踏み入れた人には無用かもしれませんが、膨大な戦前ブルースのCDを前に第一歩を迷っている人には最良の一枚としてお勧めします。

St.Louis Blues
Match Box Blues
Ain't No Tellin'
Lord, I Just Can't Keep From Cryin'
Pigment is What I Care
Southern Can Is Mine
Low Down St.Louis Blues
Revenew Man Blues
Stormy Night Blues
I Beleive I'll Make A Change
Fort Worth And Dallas Blues
Sweet Home Blues
Stop Breakin' Down Blues
Truckin' My Blues
Nothing In Rambling
Flexin' To Die Blues
Hard Day Blues
Don't You Leave Me Here
Death Letter
「ザ・ブラントンウェブスター・バンド」
デュークエリントン

エリントン楽団は以前から数々の名録音を残していますが、半世紀に及ぶ同楽団の歴史の中でも絶頂期と言われているのが、1940年代の初めです。1938年12月ビリーストレイホーン、1939年10月ジミーブラントン、1940年1月ベンウェブスター迎えた最強のメンバーは、以後ベンの独立(1943年)までさまざま意欲的演奏を試み、そのいづれもがジャズ史に残る成功を収めます。このアルバムはそうした絶頂期の名録音(1940年3月〜1942年7月)を3枚組CDに年代順に収録したものです。エリントンを聴くなら真っ先に揃えるべきものでしょう。トータルなビッグバンドサウンドの素晴らしさ、名だたる名手たちのソロが興奮を誘います。

      1. You, You Darlin'
  2. Jack The Bear
  3. Ko-Ko
  4. Morning Glory
  5. So Far, So Good
  6. Conga Brava
  7. Concerto For Cootie
  8. Me And You
  9. Cottontail
  10. Never No Lament
  11. Dusk
  12. Bojangles (A Portrait Of Bill Robinson)
  13. A Portrait Of Bert Williams
  14. Blue Goose
  15. Harlem Air Shaft
  16. At A Dixie Roadside Diner
  17. All Too Soon
  18. Rumpus In Richmond
  19. My Greatest Mistake
  20. Sepia Panorama
  21. There Shall Be No Night
  22. In A Mellotone
1