さだまさしが「暗い、女々しい」と言われるようになったのは1980年。ある有名人がラジオ番組で「フォークは暗い」「フォークを聴く奴は女々しい」と言い波紋を呼びます。フォークと言うジャンル自体が暗いイメージで見られている原因の一つとなっています。1972年、大学を中退して故郷の長崎に戻ります。この時、高校時代のバンド仲間「吉田正美」と共にグレープが結成されました。地元で初コンサートを開催して間もなく、ワーナーのディレクター川又明博に声を掛けられ上京。1973年にシングル「雪の朝」でデビューとなります。さだまさしの澄んだボーカルに吉田正美が繊細なコーラスを乗せるスタイルが特徴。バイオリンの名手でもあるさだが作る旋律と、吉田のジャズギターから繰り出されるフレーズが独特の緊張感を生みます。彼らが最も評価されたのは、音よりも言葉で、リスナーからは暗さが求められていたとも言えます。


セカンドシングル「精霊流し」が日本レコード大賞で作詞賞を獲得。雰囲気を明るくした1975年のシングル「朝刊」は不発に終わります。一方、暗さが全面に出た「無縁坂」がヒットします。これが翌年のコンビ解散のきっかけとなります。吉田正美は新グループの「茶坊主」とソロで1枚づつアルバムを発表した後、ディレクターに転身します。又、1991年にレーズン名義で再結成をするなど、節目節目でさだまさしをサポートしています。さだは元赤い鳥の渡辺俊幸をパートナーとして、アルバム「帰去来」「線香花火」でそろデビューします。「世の中が明るい歌なら、私はあえて陰湿に、陰気な唄を歌ってもいいと思う」とうそぶきながら現在に至ります。「まほろば」など日本の純文学や古典文学を思わせる重厚な作品があります。その一方で、「雨やどり」などの元落研らしいユーモラスもあります。そして秀逸なサゲ、ストーリーテリングの巧みさにも耳を奪われます。又、不意を突かれる「償い」などの痛烈さに胸が痛んだりと、ただ暗いだけではない彼の魅力があります。グレープ時代のセルフカバーを含むオールタイムベスト「天晴」の大ヒットで着実に新世代を取り込んでいます。

日本のフォーク完全読本より


グレープ 「わすれもの」 ワーナー/エクストラ 1974年

精霊流し
もしかしたら君は空を飛ぶんじゃないかな?
紫陽花の詩
ひとり占い
蝉時雨
春への幻想
雪の朝
魔法使いとフリージア
告悔
悲しみの白い影
しおれた花
あこがれ

 

グレープ 「せせらぎ」 ワーナー/エレクトラ 1975年

ほおずき
殺風景
委ねられた悲しみ
女郎花
残像
交響楽
ラウドネス

風邪
恋人擬

追伸

 

グレープ 「コミュニケーション」 ワーナー/エレクトラ 1975年

朝刊
19才
悲しきマリオネット
絵踊り
かなしいうた
無縁坂
縁切寺
雲にらくがき
風と空
笑顔同封
フレディもしくは三教街

 

グレープ 「グレープライブ三年坂」 ワーナー/エレクトラ 1976年

disc1
オープニング〜精霊流し
無縁坂
悲しみの白い影
殺風景
風と空
朝刊
ほおずき
縁切寺
笑顔同封
追伸

disc2
島原の子守歌
雪の朝

パンコ
絵踊り
第一印象
さよならコンサート
僕にまかせてください
フレディもしくは三教街
あこがれ
精霊流し

 

(日本のフォーク完全読本より)

コメント
コメントする