カシュー樹脂塗料はカシューの木の実 ( カシューナッツ ) の殻から抽出されるカシューナットオイルを原料として作られます。カシュー樹脂塗料は漆よりも光沢がありますが、仕上がり感が漆に似ているため漆の代用として用いられます。この塗料の乾燥は空気中の酸素を取り込む酸化重合なので、漆のように湿度を気にする必要はありません。乾燥が遅く流転性が良いのでハケ塗りがしやすい半面、塗膜のたれやホコリが付着しやすいので塗膜が乾燥するまで注意が必要です。一度に厚塗りし過ぎると上乾きとなり表面にシワが生じます。ミネラルスピリットやカシューシンナーなどで希釈し、2〜3回に分けて所要の膜厚に仕上げます。塗膜は底光りする光沢感があり、じん性・耐水性・耐油性に優れていますが、傷が付きやすいです。用途に応じてクリヤー、エナメル、サ―フェイサー、パテなどがあります。アコギ塗装としては手工製作ギターにまれに使用されます。

コメント
コメントする