株式会社経営をはじめてから、動悸や体調不良が頻繁に起こるようになり、精神安定剤を処方して貰い、何とかしのいでいましたが、薬に頼らず生活の質を上げるために、一年前くらいから真剣に取り組んできたことがあります。一つは呼吸の見直し。良いと言われていることは随分前から分かっていましたが、あまりに基本的過ぎて真剣には取り組んでいませんでした。一念発起して吸い方、吐き方、止め方を学び、自分に向いた深呼吸を決めて実践中です。一年やってきて、最近その効果が出始めてきた感があります。焦ったりストレスを受けた時に一時的に行う深呼吸も効果はありますが、日々の生活の中で呼吸をゆっくりすることで、体調が改善し良い状態が長く保てるようになりました。ゆっくり吐くことは比較的簡単ですが、ゆっくり吸うことは難しく、トレーニングしていても息苦しくなっていましたが、最近では慣れてきたのか、長時間ゆっくり吸えるようになりました。途中で息を止めることも息苦しくなくなってきています。


吐く時間、吸う時間、止める時間のパターンはいろいろあり、自分に出来そうなパターンを模索し、今では1:1:1の割合で行っています。他には水分補給の取り方にも取り組んでいます。食事も健康を保つ重要なテーマですので、これにも注意を払っています。



コメント
コメントする