長渕剛がデビュー当時はフォークシンガーであったことはよく知られています。いわゆる女歌を歌ったり、ラジオやステージで気さくなあんちゃんぶりを披露していたことは、一般的に知られる彼のキャラクターを考えると驚きでもあります。1956年鹿児島県生まれ。福岡のライブハウス「照和」での活動を経て1976年に第12回ポプコンに「雨の嵐山」で入賞。翌年、同曲でビクターからデビュー。名前の読みを「ながぶち ごう」に替えられたり、レコード店回りなどのキャンペーンで苦渋を舐めたこともあります。翌年に東芝EMIから「巡恋歌」で再デビューを果たします。

もともとは高校時代からの憧れである吉田拓郎をはじめ、友部正人、加川良らに傾倒していた純正のフォーク好き青年でありました。スリーフィンガーピッキングによるアコースティックギターのテクニックは最初から優れたものがありました。声質も現在とは異なる澄んだボーカル。ファルセットも駆使する歌い方で初期の楽曲には女々しい叙情派フォーク的なナンバーも書いています。1979年には吉田拓郎の篠島コンサートに出演。同時期に「オールナイトニッポン」のパーソナリティを務めます。この頃から人気が高まり、1980年に満を持しての「順子」が大ヒット。一躍人気アーティストとなります。3枚目のアルバム「乾杯」のあたりから自身の歌いたい音楽性を作り上げられるようになり、骨っぽいナンバーが増えてゆきます。1983年のTBSドラマ「家族ゲーム」の主演を皮切りに、俳優としても活躍。次第に演じるキャラクターがハードに。楽曲もヘビーな作品が増加。この時期はロックに傾倒していたが、1980年代後半には再びアコースティックに回帰してゆきます。

ステージでは「巡恋歌」を現在に至るまでほぼ欠かさずレパートリーに取り入れています。彼は原点であるフォークの姿勢を忘れてはいません。日本を憂い社会に物申す。自身のルサンチマンを歌に反映させます。アーティストとしての矜持は1970年代に発表した初期の作品から変わっていません。現在もカリスマとして熱狂的な支持を受けています。これは変わらぬ骨太な姿勢と苦悩をそのまま丸出しにする正直な歌のスタイルにあるのでしょう。


「風は南から」
東芝
エキスプレス
1979年
 
 1. 俺らの家まで
 2. 僕の猫
 3. いつものより道もどり道
 4. 訣別
 5. カントリー・ワルツ
 6. 待ち合わせの交差点
 7. 不快指数100%の部屋
 8. 今宵最後のブルース
 9. 君は雨の日に
 10. 巡恋歌
 11. 長いのぼり坂


「逆流」
東芝
エキスプレス
1979年

1. 風は南から
2. 友への手紙
3. 順子
4. 素顔
5. 男は女が必要さ
6. あんたとあたいは数え唄
7. ひざまくら
8. 祈り
9. 酔待草
10. 逆流


「乾杯」
東芝
エキスプレス
1980年

1. 決心
2. プロポーズ
3. 手のひら
4. 顔
5. もう一人の俺
6. プライベート
7. 白と黒
8. ヒロイン
9. 暗闇の中の言葉
10. 乾杯
コメント
会社にメールが届いているものです。退職された方が登録していたようで、何度も断っているのにメールが届きます。わざとですか?
  • by 困っています
  • 2016/05/19 7:21 PM
コメントする