ジャズドラムの向上のため、DVDを購入しました。

テクニックというより、体の使い方でパワーや音質

改善に役立つかと思いました。

役に立ったポイントは

●リバウンドを良くして音質を改善する「フリーグリップ」

●手の動きは鎖骨からスタートすることを意識すること

この2点です。

早速「フリーグリップ」にトライしています。

偶然ですが、ドラムの先生も同様のことを言われています。

 

 

 

次はピアノトリオのCD100選です。

シンプルですが好きですこしずつ

集めています。

 

セッションなどでお世話になっている

メンバーのライブを見にゆきました。

難解な曲もこなして良かったです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏本番という感じですがいかがお過ごしでしょうか?今回は手軽にできる「オイル」塗装の紹介です。まずは工場生産的なギターに使用されている塗装についてです。工場生産的にはラッカー、ウレタン、ポリなどが主流ですね。ある程度の規模の設備と環境のもと、施行されています。特にラッカーは人気が高く、高級ギターの主流は不動です。一方、個人製作や小規模での塗装にはオイルが向いています。艶を抑えた仕上りで落ち着いた感じになります。木地をしっかり整えることがオイル仕上げのポイントです。他の塗装は木地の上にある程度の塗膜ができます。

 

ですが、このオイル仕上げは殆ど塗膜ができません。表面と木地に僅かに浸透したオイル分で仕上げます。塗膜が出来ない分、木の振動は素直で良好になります。艶があまりないですが、トップ板は艶が欲しいと思う方も多いと思います。その場合は、トップ板はシェラック塗装で艶を出すと良いでしょう。残りのサイドバックはオイル仕上げをします。個人的には、この組合わせ見た目と音質から考えたベストの塗装と考えます。手工塗装に興味がある方はまずシェラックとオイルをマスターしましょう。時間を掛けてじっくり取り組むと素晴らしい仕上りになりますよ。塗り重ねの頻度は好みですが、基本は塗れば塗るほど深みが出ます。色合いも濃くなります。塗ったらすぐに表面の余分なオイルをふき取ります。ふき取りを怠ると、オイルが表面に固まってムラになります。1回塗ったら1日程度乾燥させます。

 

この塗りを30回ほど繰り返すと艶もかなり出てきます。艶と色の濃さは塗り回数に比例します。焦らずに時間をかけて行うことも良い塗装のポイントです。塗装に適したオイルとしては「亜麻仁油」「桐油」「荏油」があります。どれも良いのですが、塗る木の色合いにより特性が分かれます。白、黄系の木材には「桐油」がおすすめです。他のオイルを白、黄系の木材に塗ると汚い感じに仕上がります。白さを可能な限り残してくれるのが「桐油」です。赤、茶系の木材には「亜麻仁油」「荏油」が適しています。塗れば塗るほど色が濃くなって、深みも増します。使い分けとしては色合いの点から以上です。

 

オイル塗装のポイントをまとめると
●木地をしっかり整える
●塗ったらすぐにしっかりふき取る
●塗ったら1日乾燥させる
●艶を出したい場合は30回くらい塗り重ねる
●木の色あいによりオイルを塗り分ける

これらのポイントを頭に入れてオイル塗装を楽しみましょう !!


亜麻仁油↓
http://guitar--parts.net/goods/1806.html

荏油↓
http://guitar--parts.net/goods/1807.html

桐油↓
http://guitar--parts.net/goods/1808.html

 

 

 

【シリコンラバーヒーター】
これは「シリコンラバーヒーター」というもので、ブリッジを外す時に熱を加えてはがしやすくするものです。厚くなり過ぎないように温度調節をコントローラーで行います。最近ブリッジのトラブルが多く、ブリッジを外すケースが多かったので、専用のヒーターを使うことにしました。今まではヘラなどで代用していましたが、これがあるとより綺麗にはがれてくれます。これはリペア部門で使用しますが、商品として販売するかは検討しています。ご要望があれば考慮したいと思います。

ギターのボディ周りやサウンドホール周りの装飾に使われます。

厚みや色の異なるパーフリングを組み合わせて使う場合も多いです。

白と黒の組み合わせも多いです。

 

#7061-b CAB 黒 1620x2x1.0mm

パーフリング
CAB 黒 長さ1620mm x 幅2mm x 厚み1.0mm
105円 

 

パーフリング CAB黒 1620x2x1.0mm

当店で扱っています「シェラック」は気温が30度を超えると

本来は顆粒やフレーク状のものが固まった状態になる場合が

あります。発送途中では40度を超える高温も考えられますので、

7月〜9月の3か月間は冷蔵便扱いとさせて頂きます。

送料は通常より200円アップとなりますが、どうぞご理解を

お願い申し上げます。

癒し系サウンドの打楽器!アジアンテイストの音。全く期待せずに試打しての衝動買いとなりました。見た目には安っぽい音を想像しましたが、金属製で本格的な音にやられました。アジアンテイストの音に興味がある人はかなりおススメ ! 新しい音楽世界にはまります。

 


「ボーカルクラシックス&インストルメンタルクラシックス」
ナットキングコール

Capitol
東芝EMI
TOCJ5326

コールはピアノトリオを1937年に組みます。オスカームーアがギターでウェズリープリンスがベース。のちにはプリンスがジョニーミラーと交代します。当初の彼らの売り物は力強いコールのピアノ。彼のピアノはアールハインズ流。ユニークなフォーマットも人気になります。やがてコールのボーカルが評判となり、歌手コールの誕生となります。このCDはボーカルとインストで発表されたものをまとめた内容。ボーカルは「ボーカルクラシックス」インストは「インストルメンタルクラシックス」

コールのジャズメンとしての力量を知る上で欠かせない1枚。

1. スウィート・ロレイン
2. 御免なさいと言ったあとに
3. アイル・ストリング・アロング・ウィズ・ユー
4. フォー・オール・ウィ・ノウ
5. ディス・イズ・マイ・ナイト・トゥ・ドリーム
6. エンブレイサブル・ユー
7. リトル・ガール
8. イフ・アイ・ハッド・ユー
9. イッツ・オンリー・ア・ペイパー・ムーン
10. メイキン・フーピー
11. 恋はこりごり
12. 口で言えない素晴らしさ
13. 私の彼氏
14. 恋とはなんでしょう?
15. イージー・リスニング・ブルーズ
16. ディス・ウェイ・アウト
17. 煙が目にしみる
18. バップ・キック
19. 身も心も
20. スウィート・ジョージア・ブラウン
21. プレリュード・イン・Cシャープ・マイナー
22. ルンバ・アズール
23. ハニーサックル・ローズ
24. ラーフ・クール・クラウン
「Blues Masters Volume 11
: Classic Blues Women」
Rhino R2 71134

ブルースクラシックとはブルースの古典的名唱、名演のことです。一方、クラシックブルースというと意味が異なります。1920年代の女性歌手達によるブルースを差します。この頃には録音がされてゆくようになります。この時期、女性歌手は劇場やテントショーで歌っていました。ボードビルショーなどの一員としての活動が有名。南部から都市部へと広がってきた新しい音楽としてブルース。それをレパートリーとして歌うようになります。彼女たちの歌はダウンホームなブルースとは趣が異なります。

このCDはブルースの代表的な歌手を中心にして組まれます。1〜12がクラシックブルースの黄金時代1920年代。13〜18がそれ以降の録音。1は1920年に初めてブルースと銘打たれた曲。このヒットによりレコード会社の目がブルースに向けられます。同様の女性歌手が次々と吹き込まれることになります。あまりブルースっぽくないのもあるが、ここから歴史ははじまります。

3,4はトリクシースミスのようなジャズ寄りの曲。5〜7はマーレイニ―の南部的なバイタリティがある曲。7はマーレイニ―にタンパレッドのスライドギターが絡みます。かなりダンホームな雰囲気があります。8のシッピ―ウォレスは力強い味わい。

バックにルイ・アームストロング、シドニーベシェット。フレッチャーヘンダーソン等のジャズミュージシャンが付きます。中には2のように歌よりサッチモらのバックが聴き物も。ベッシ―スミス、アイダコックス、ビクトリアスピビー、アルバータハンターらがしっかり押さえてあります。入門用には最適です。

中ではベシーが別格でブルースの帝王の名に恥じません。堂々として哀愁漂う歌いっぷりです。リバイバル的な16,17はご愛嬌。
むしろこうした録音のほうが聴きやすいです。ラストはジャズ歌手最高峰ビリーホリデー。強引な選曲だが、ホリデーも若い頃ベシーを熱心に聴いていました。

 1. Crazy Blues
  2. Papa De Da Da
  3. My Man Rocks Me (With One Steady Roll)
  4. Railroad Blues
  5. Yonder Come The Blues
  6. Countin' The Blues
  7. Daddy, Goodbye Blues
  8. Baby, I Can't Use You No More
  9. Bone Orchard Blues
  10. Nobody Knows You When You're Down and Out
  11. Barrel House Flat Blues
  12. When A Gator Hollers, Folks Say It's A Sign...
  13. Any-Kind-A-Man
  14. You Can't Tell The Difference After Dark
  15. Little Drops Of Water
  16. Married Man Blues
  17. Careless Love
  18. Stormy Blues
昨日5/29に地元の岐阜県美濃市にある「美濃和紙の里会館広場」で「わっしょいマルシェ」という地域活性化イベントに参加し、ジャズバンドとして演奏してきました。今回のために募ったメンバーでの初出演でした。サックス担当は小学5年生の男子。なかなかの腕前で今後の活躍が楽しみです。