ビッグ・メイシオ Big Maceo 
1905 - 1953
 
アトランタ生まれのメイジャー・メリウェザー、通称ビッグメイシオ。彼は独学でピアノを学びました。20代の頃、一家でデトロイトに出てきます。家賃を稼ぐ為のハウス・レント・パーティで腕を磨いてゆき、1941年にはシカゴに進出してゆきます。身長2メートル近くで100キロの体重の持ち主だったそうです。その熊のような巨体から奏でるピアノはとても洗練されたものでした。シカゴで出会った生涯の友となるタンパ・レッドと一緒に活動。「ウォリード・ライフ・ブルース」がヒットし、彼の代表曲となります。と共に、多くのカバーを生む大スタンダードとなりました。その枯れた味わいのある歌は「シカゴ・ブレイクダウン」などで聴けます。火が出るようなブギウギ・ピアノは他のピアニストに大きな影響を与えます。リトル・ジョニー・ジョーンズ、エディ・ボイド、オーティス・スパンなどが影響を受けます。戦後シカゴで活躍するピアニストは少なからず影響を受けます。ボーカルも1つ1つの詩を噛みしめるように丁寧に歌います。1946年に不運にも脳卒中により半身不随になりました。しかし他のピアニストの助けを借りて、精力的にツアーやレコーディングを続けます。1953年に他界するまで努力を重ねた、まさに不屈の人でした。
 
「BIG MACEO / VOL.1Blues Classics 28
 
・Worried Life Blues
・Ramblin' Mind Blues
・Country jail Blues
・Can't You Read
・So Long Baby
・Texas Blues
・Tuff Luck Blues
・I Got The Blues
・It's All Up To You
・Bye Bye Baby
・Why Should I Hang Around
・Poor Kelly Blues
・Some Sweet Day
・Anytime For You
・My Last Go Round
・Since You Been Gone
  
 


2月からキャンペーンを実施することになりました。先月はオリジナルピック進呈キャンペーンでした。3月の今月はブルースハープを進呈いたします。8000円以上お買い上げの方にもれなくプレゼント。弾き語りなどでは間奏に使う方がありますね。まだ使われていない方には、まずは音色だけの経験を。ちなみにキーがあり、当方で勝手に決めさせていただきました。申し訳ありませんが、音色をお愉しみください。

 

先月のオリジナルピックは一部の方に喜んで貰いました。今後は商品として扱いますので、宜しくお願い致します。

 

オリジナルピック

http://guitar--parts.net/goods/1011.html

【アレキサンダーテクニック】演奏者に役立つ体の使い方
このテクニックは演奏の向上、人前であがらない、などに効果があるとされています。体全体の使い方などを間接的にアプローチして改善してゆくことが特徴です。

<はじめに>
音楽を演奏する人の中には「上達するにはもっと頑張らなければ」と長時間練習し、体を壊す人がいます。しかし練習量を増やす前に、自分自身が何をしているかを観察し、見直すことから始めると効果が上がります。つまりl練習の効率が上がり、上達するということです。演奏する意味が見い出せ、演奏することがより楽しくもなります。

この原理を発見した「アレクサンダー」氏は19世紀にオーストラリアで劇の朗読をしていて喉を傷めました。その経験を活かし「体の使い方」が痛みに大きく関係し、頭と首と胴体の関係が大切だと思い至ります。まず、頭と脊椎との間のプレッシャーが減ると声が出るようになりました。体全体がうまく働くようになったことが要因です。彼は「頭と背骨全体の機能を邪魔しなければ全体がうまく働く」という原理を「プライマリー・コントロール」と呼びました。
 

#8062-a フレットサンディングラバー #150

 ツール フレットサンディングラバー #150

フレットを整える時に使うツールです。フレット処理は成型がやりにくい部分ですが、このツールで綺麗に整えることが可能です。磨きの前の大まかな整形におすすめです。

January
何もかも分かろうとするのは無理な話。分からぬまま生かされている。
February
枯れ木重なり繁る。よろしき時を見計らい改新すべし。
March
進むを知りて退くことを知らなければ真の前進なし。             
April
無能な者は何も求めるものがない。これも一つの能であると悟って吉。 
May
一雨一晴、一喜一憂。常に中心をとりて進むのが肝要。
June
余りにも信用しすぎるととんでもない方向に行くことあり。 
July
余程度量を大きくしないと長の資格なし、用心せよ。         
August
動作や言葉を恭しくする者は人が侮辱しない。 
September
石橋も叩いて渡れ。人生は用心に用心を重ねて成功。 
October
人の腸を見ないようにして程々に交わりて円融を期する日。   
November
時は得難く失い易い。明智ありて時の生き物なるを知る。
December
死んだ貝は殻を閉じ生きた貝は殻を開く。人の心の殻もかくの如し。         
   
 

Jazz

Evergreen

Collection

1920-1940

【永遠のジャズ名盤】

 

「ロッキン・チェア」

ミルドレッド・ベイリー

CBSソニー

32DP-562

 

彼女はジャズボーカリストの先駆者として有名。バンド・シンガーのはしりでもあります。リーワイリーと同じくインディアンの血を引いています。1933年ポールホワイトマン楽団を退団。ノーボと結婚しソロ活動を開始します。193639年には夫との双頭バンドを結成。スイング時代を通し最高の白人女性歌手と言われます。一方でオールスターコンボとの録音も行い、テディウイルソン、チューベリー、ジョニーホッジズなどの名唱を残します。CDはこの時期の彼女の代表的名演集。

 

・オーハビ―

・サムデイスイートハート

・夕陽は落ちて

・スクイーズミー

・ダウンハーテッド・ブルース

・スモークドリームス

・ロッキンチェア

・サンクス・フォーザメモリー

・湖の国の乙女

・恋人よ我に帰れ

・恋の歌は忘れて

・マイ・メランコリーベイビー

・ロンサムロード

・アーカンソー・ブルース

・ほのかな望みもなく

・恋は愚かというけれど

 

1934年〜1940年録音

 

吉田拓郎「青春の誌」
1970年
エレック
 
叩きつけるように歌うスタイル。
青春の衝動を情感そのままに。
青春期ならではの虚無や焦燥が描かれる「今日までそして明日から」。
同世代の若者の感情を直撃「青春の詩」。
字余りや歌詞のレトリックも気にしない。
速射砲のように浮かぶ言葉がそのまま歌になる。
ディランの影響を受ける「イメージの詩」。
猫がカバーしたボサノバの「雪」
ジャージーな「灰色の世界」
サウンド面のバリエーションも豊富
 
・青春の詩
・とっぽい男のバラード
・やせっぽちのブルース
・野良犬のブルース
・男の子・女の子
・兄ちゃんが赤くなった
・雪
・灰色の世界
・こうき心
・今日までそして明日から
・イメージの詩    
 

【あこがれMusician

blues

戦前生まれ

ウィスパリング・スミス

Whispering Smith

1932-1984

 

本名、モーゼス・スミス。

J.D.ミラーに認められ南部の雄、エクセロ・レーベルからデビュー。

ライトニン・スリム、サイラス・ホーガンらと活動を共にする。

ルイジアナ・ブルースに分類されるハーピストです。

ジミー・リード系のレイドバックしたスワンプ・スタイルとは異なる。

サニー・ボーイら荒々しい故郷ミシシッピ周辺のダウンホームブルース近い。

 

ちなみに芸名の“ウィスパリング”(=囁き)とは、野太いボーカルから来る。

スミスのヴォーカルをユーモアを交えて表現したもの。

70年代にエクセロより「オーヴァー・イージー」をリリース。

主に19631964年のシングル作品への評価が高いです。

ピックガードが汚れ、剥がれてきた方へ。

永くギターを使うと経年変化でピックガードが剥がれてきます。

そんな時は思い切って交換をしてみましょう。

 

定番は黒、透明などの無地とべっ甲柄ですね。

べっ甲柄はいろいろなバリエーションがあります。

柄の輪郭がはっきりしたものや少しソフトなもの。

細かめな模様と大き目の模様。

好みで選んで全く問題ありません。

ビンテージな雰囲気ならべっ甲柄が一番。

シンプルなら黒か透明。

 

アクセントとしたい時は大柄ではっきりした柄、

ギターと同化させたい場合は細かめでぼやけた柄。

シート状のものをこの際僅かにオリジナルなシェイプに。

シェイプに少し独自性を出したい方におすすめです。

裏面には接着剤がついていますので、すぐ着きます。

 

ピックガード一覧

http://guitar--parts.net/list/pickguard.html

 

 

次はリペア部門のトップの膨らみについて。

リペアではトップ板の膨らみ補修依頼が多いです。

トップ板が膨らむのは古いギターに多くみられます。

これは、大部分が弦の張力が原因です。

 

ギターには弦を張りっぱなしか緩めるかが話題になります。

やはり弦は緩めておいた方がギターには良いでしょう。

 

一部では弦は張りっぱなしが良いという意見もあります。

これはネック反りやトップ膨らみが出ていないギターには一理あります。

一旦症状が出たギターは張力が悪影響を及ぼします。

その場合は弾かない時かなり緩めにして貰うのがよいです。

 

比較的新しいギターではトップよりネックに影響が出ます。

運が悪いと新品でもすぐに順反りが出てきます。

構造的にはネックかトップに影響が出るのがギターの宿命ですね。

 

先日、2月8日〜10日の3日間、インターンを受け入れました。

地元の高校2年生がリペア部門を体験するということで。

生徒さんの親さんは音楽仲間で古くからの知り合いです。

そこは音楽一家で、子供さんも音楽の道を進むことに

 

私は彼を純粋に応援したい気持ちで快く引き受けました。

事前に母校から簡単な打ち合わせが書面で来ました。

それに基づき、当日は何を体験してもらうかを前もって考えました。

 

当日、本人は真剣そのものでした。

一部の体験とはいえ、お客さまの大切なギターに携わる緊張が。

緊張感と真剣さの3日間でした。

新しいコトを体験する嬉しさもあったと思います。

未知の体験や経験は成長につながる良いコトだと思います。

学生に限らず、大人も勇気をもって未知に挑戦したいものですね。

彼がどんな感想を持ったか知りたいと思いました。

母校に聞いてみようかな・・・

私も改めて「自分の未知の挑戦」を見直してみよう。