久しぶりにJR岐阜駅の中に入ってみたら、

新しい店が多く出来ていました。

落ち着いた雰囲気のカフェで休憩しましたが、

9割くらいのお客が学生さんでお勉強(浪人生か)

をやっていました。

私の愛読書の中に「お金の科学」というのがあります。

 

ジェームズスキナーさんという人が書いた本です。

 

所謂「自己啓発」本、成功本と言われるものです。

 

この中でさまざまな考え方を学んでいますが、

 

印象深い部分を載せてみます。

 

****************

「促進の原則」

正常な人間ならだれでも、自分の生活に改善を望む。より多くのお金、より健康な身体、より快適な生活環境を欲しがる。もっと多くの知識、より美しい容姿、より多くの自由を切望する。つまり、前進し自分の今の姿yほりも素晴らしいものになろうとするのだ。この願望はDNAの奥深くに潜み、全生命共通のものであり、今までのすべての進歩と進化を裏付ける原動力であるのだ。この前進願望は普遍的である。

 

従って、最も才能のある人によって構成された最も力を持つマスターマインドは、社会のために最も大きな夢とビジョンを持ち、最も他人の成長と成功に貢献しようとする人の周りに集まることになる。あなたは何の手間もなく、この原則をすぐに応用できる。他人と接するとき、その人の成長と成功に貢献しようとする態度を取り、それを相手に伝えるようにすることだ。その人の人生を促進させ、その人の夢を実現させてあげたいという志を心に抱く。

 

社交のばにおいてもできる。

ビジネスの場においてもできる。

家族や親族にあうときもできる。

街角、バス、電車で人にあうときもできる。

 

この促進の原則は単なるWin Win(相互得)の発想を超越している。これは神の御心・天地宇宙の意志と統一することの本質といえるのだ。

******************

 

実に奥深いことですね。

 

人間だれしも進歩、進化しようとする気持ちが前提にあり、

 

それを実現していたり、しようとして頑張っている人に

 

惹かれてゆくということ。

 

自分もそのような人間でありたいと素直に願います。

 

今日はあるプロジェクトで人に会うことになっています。

 

気持ちの中にこのようなことを持ちながら

 

会おうと思います。

 

さだまさしが「暗い、女々しい」と言われるようになったのは1980年。ある有名人がラジオ番組で「フォークは暗い」「フォークを聴く奴は女々しい」と言い波紋を呼びます。フォークと言うジャンル自体が暗いイメージで見られている原因の一つとなっています。1972年、大学を中退して故郷の長崎に戻ります。この時、高校時代のバンド仲間「吉田正美」と共にグレープが結成されました。地元で初コンサートを開催して間もなく、ワーナーのディレクター川又明博に声を掛けられ上京。1973年にシングル「雪の朝」でデビューとなります。さだまさしの澄んだボーカルに吉田正美が繊細なコーラスを乗せるスタイルが特徴。バイオリンの名手でもあるさだが作る旋律と、吉田のジャズギターから繰り出されるフレーズが独特の緊張感を生みます。彼らが最も評価されたのは、音よりも言葉で、リスナーからは暗さが求められていたとも言えます。


セカンドシングル「精霊流し」が日本レコード大賞で作詞賞を獲得。雰囲気を明るくした1975年のシングル「朝刊」は不発に終わります。一方、暗さが全面に出た「無縁坂」がヒットします。これが翌年のコンビ解散のきっかけとなります。吉田正美は新グループの「茶坊主」とソロで1枚づつアルバムを発表した後、ディレクターに転身します。又、1991年にレーズン名義で再結成をするなど、節目節目でさだまさしをサポートしています。さだは元赤い鳥の渡辺俊幸をパートナーとして、アルバム「帰去来」「線香花火」でそろデビューします。「世の中が明るい歌なら、私はあえて陰湿に、陰気な唄を歌ってもいいと思う」とうそぶきながら現在に至ります。「まほろば」など日本の純文学や古典文学を思わせる重厚な作品があります。その一方で、「雨やどり」などの元落研らしいユーモラスもあります。そして秀逸なサゲ、ストーリーテリングの巧みさにも耳を奪われます。又、不意を突かれる「償い」などの痛烈さに胸が痛んだりと、ただ暗いだけではない彼の魅力があります。グレープ時代のセルフカバーを含むオールタイムベスト「天晴」の大ヒットで着実に新世代を取り込んでいます。

日本のフォーク完全読本より


グレープ 「わすれもの」 ワーナー/エクストラ 1974年

精霊流し
もしかしたら君は空を飛ぶんじゃないかな?
紫陽花の詩
ひとり占い
蝉時雨
春への幻想
雪の朝
魔法使いとフリージア
告悔
悲しみの白い影
しおれた花
あこがれ

 

グレープ 「せせらぎ」 ワーナー/エレクトラ 1975年

ほおずき
殺風景
委ねられた悲しみ
女郎花
残像
交響楽
ラウドネス

風邪
恋人擬

追伸

 

グレープ 「コミュニケーション」 ワーナー/エレクトラ 1975年

朝刊
19才
悲しきマリオネット
絵踊り
かなしいうた
無縁坂
縁切寺
雲にらくがき
風と空
笑顔同封
フレディもしくは三教街

 

グレープ 「グレープライブ三年坂」 ワーナー/エレクトラ 1976年

disc1
オープニング〜精霊流し
無縁坂
悲しみの白い影
殺風景
風と空
朝刊
ほおずき
縁切寺
笑顔同封
追伸

disc2
島原の子守歌
雪の朝

パンコ
絵踊り
第一印象
さよならコンサート
僕にまかせてください
フレディもしくは三教街
あこがれ
精霊流し

 

(日本のフォーク完全読本より)

 

同系塗料の組合せによる塗装では多くの場合不具合は生じませんが、実際には異種塗料との組み合わせにより塗装することが多いです。例えばポリエステル樹脂塗料は主に中塗りに使用され、下塗りにはポリウレタン樹脂塗料かニトロセルロースラッカーが一般に使用されています。しかし、ニトロセルロースラッカーの上にポリウレタン樹脂塗料を塗るような組合せではポリウレタン樹脂塗料の硬化不良や付着障害を生じやすいです。明らかに不良となる組合せはもちろん、十分に確認されていなく実績のない組合せでは予期しない欠陥を生じます。

 

 

体を温めるスパイスを買ってきました。

小分けタイプがありお試しにはありがたいです。

シナモンパウダーとスティック、

ジンジャーパウダーを買いました。

パウダーはとても細かく、効果がある感じが

強いです。

 

塗装トラブルである白化の原因はいろいろありますが、塗装直後5分くらいでなるものから、硬化乾燥後に少しずつ白くなることもあります。その原因と対策は次のとおりです。

 

<塗装直後の場合>
〆任眤燭発生するのは、かぶり( ブラッシング ) で、高温多湿の環境でニトロセルロースラッカー塗装の場合などです。多量の溶剤が急に揮発すると、塗面が冷却され結露します。この時発生する水分が表面層の塗料を不溶解にし、つや消えと白化を招きます。対策としては
・ 塗装環境、乾燥環境を除湿
・ 塗装ブースや乾燥室の給排気を弱くして、急な溶剤揮発を防ぐ
・ 希釈溶剤に水と溶解するアルコール溶剤を混合する
・ ノンブラッシングシンナーを混合して溶剤速度を遅くする

▲灰鵐廛譽奪機爾凌緤や油分が塗料中に混入する場合もありますが、水抜きをこまめにするかドライヤーを通します。エアホースが長くなった場合は出来る限りスプレーガンの近い所で水抜きをします。

 

<経時の場合>
〔性目止めやオイルステインの上に2液形ポリウレタン樹脂塗料を塗った場合など、塗料の乾燥速度の違いにより塗料の接触面で塗膜層のずれを生じたり、塗料同士の相性が悪いために白化します。塗料同士を良い組み合わせで使用します。

漂白した素材や高濃度のシュウ酸処理をした素材にポリウレタン樹脂塗料を塗装した場合、薬品の影響により白化します。薬品の後処理をしっかり行い白化を防ぎます。

ポリウレタン樹脂塗料ではサンディングシーラーの厚塗りと乾燥時間を短縮して次行程に進むと白化の可能性を高めます。塗料中に溶剤が何割か残ったまま硬化し、除々に残りの溶剤が揮発し、そこが空洞となって白化します。

ぅ櫂螢┘好謄觴脂塗料の塗膜を研磨した後、素手で触れてポリウレタンフレット仕上げをした場合は、後日指紋のような白化がでることがあります。これは作業者の汗の塩分が影響していることがあります。塩分はやがて潮解現象により体積が膨張し、塗膜を押し上げ空洞になり白化します。仕上げ塗装前の作業が終わったら、中性洗剤を入れたぬるま湯で拭き、その後は素手で触れず乾燥後に塗装します。

健康法としてまず体を温める飲食物を挙げます。

 

冷え性の人はこれらの食べ物を多く摂るとよいようです。

普通の人もこれらを努めて食べ、体を温めるのが良いと言われています。

 

赤ワイン 黒ビール 日本酒 紹興酒 紅茶

 

チーズ そば 玄米 和菓子 りんご さくらんぼ ぶどう

 

赤身の肉 魚肉 エビ カニ イカ タコ 貝

 

佃煮 漬物

 

黒砂糖 根菜 海藻 塩 味噌 醤油

 

 

 

 

次に体を冷やす食べ物を挙げます

 

牛乳 白ワイン ビール ウイスキー 緑茶 

 

うどん 白米 白砂糖 

 

洋菓子 

 

バナナ パイナップル みかん メロン

 

酢 マヨネーズ 

 

白身の肉・魚

 

 

 

「体を温める」と病気は必ず治る

石原結實 

 

 

 

寒さがとてもこたえる時期になってきました。

まあ、原因は寒さだけでなく加齢にもあるかとは

思いますが、手軽にできる健康法を探しました。

 

探したといっても、若い頃に読んで実践していたことを思い出し

その本を再購入しました。寒くなってから調子が悪くなることが

多くなったので、冷えを防止することを中心にやってゆくことが

良いかと思いました。

 

予想は当たり、主に飲み物、食べ物を替えてみましたら調子が

良くなった気がしました。この本の基本の考え方は

 

「体を温める」「少食にする」ことで血液がきれいになり、

体調が改善する、というものです。

 

体を温めるものを飲食し、1日3食のうち朝食1食を減らして

2食にするという方法です。

 

ということで、まずは体を温める飲み物からはじめました。

朝食がわりに飲むものとしては、

 

「紅茶にすりおろし生姜を入れて、黒砂糖かはちみつを加える生姜紅茶」

を毎日朝食かわりに飲む、ということです。

 

そして、飲料は基本的にこれを飲むということです。

昼食は軽くとり、夜は好きなだけ食べるというものです。

 

これを一度実践してみて効果を試そうと思います。

明日からスタートです。すでに生姜紅茶は飲み始めていますが、

生姜の効果もあり体がポカポカしてくる感じがあり、

体も少し軽くなった気がします。

 

当分はこの健康法をやってこのブログにもその経過を

時々アップしたいと思います。

 

 

 

 

「体を温める」と病気は必ず治る

石原結實 

 

寒さ対策として、体を温める飲み物や食べ物を取ることにしました。

コーヒーは体を冷やすので紅茶に変更し、

ジンジャーを入れて効果をさらに上げます。

お腹がポカポカしてきていい感じです。

お酒類もウイスキーは体を冷やすとのことで、

赤ワインか日本酒に変更しました。

これで多少は温かさが感じられるようになりました。

 

取引先へ行った時に、

美濃町屋をイメージしたという

カフェを偶然にも愛知県小牧市で見つけました。

壁の色は最近は白がおおいですが、

この店はクリーム色でした。

まったりとした感じになり、より和風が

強調されていました。